SMALL TALK

リーファンデの日誌です。Lee&Small Mountainsのことや普通の日々のこと。

喝采

f:id:rihwangdae:20180913225749j:plain

 

この曲のねちっこさがかっこいい。

そしてジャケ写のコンセプトがまったく分析できなくて素敵だ。

 

今ぼくたちは新しい曲を作っている。

 

その曲が喝采を浴びるかどうかは分からないけど、

出来るだけ素敵なものを作りたい。

 

2年前に旅したイタリアを思い出す。

ローマの街に突然現れるパンテオンは最高にかっこよかった。

 

ピープルのために作られ、ある種の救いのためのものではあるんだろうけど、それだけじゃない強さ、恐さ、緊張。

 

何年経っても色褪せないもの、むしろ巨大になっていくものってなんだろうと考える。

旅人の心を惹きつけて離さないもの。

 

九月は胸にきますね

最近、ギターのボブさん、ベースのとよ、ドラムのオッキーと4人で、新曲のベーシックな部分を作っています。

 

曲を作っているときにいつも考えるのは、慣れるタイミングというもの。

 

部屋ではなんだか腑に落ちてない歌詞も、スタジオでみんなで合わせると、なんとなく正解になっていってしまう。

 

それがいい時もあるし、後で後悔することもあるし、面白いですね。

 

バンドのみんなは自分と違う音楽を普段聴いていて、それがプレーにも反映されます。

 

自分は弾き語りで用意した歌詞とコード、そして参考にしたいビートだけを持っていて、その場でセッションしながら作って行くやり方です。

soundcloud.com

 

 

9月に決まったライブでも、何曲かやれればいいなと思ってます。

ぜひ遊びに来てくださいね!

 

2018.9.17(月・祝) <Tokyo Slalom>

下北沢440

w: THE GURL and more

¥2800(adv)/ ¥3000(door)

open 18:30 start 19:00

ご予約:contact@lee-mountains.com

件名に公演日、本文にお名前(ふりがな)、枚数をご記入の上、メールにてお申し込みください。

 

素敵なライブにするべく進めていきます!

Paul Wellerの新譜、スピーカーで聴きたくなる音楽。

www.youtube.com

 

リーファンデ

 

それはすべて良いです

次のライブも決めてなくて、

今はいろいろな音楽を聴いたり、近所のプールで泳いだり、将来のことに想いを馳せたりと、そんな感じで過ごしています。

 

僕は日本という島に住んでいて、日本語でロックを演奏しているので、やはりその国の言葉で歌われる、行ったことのない島の音楽は素敵だなと思うのです。

 

これは多分ブラジルの音楽。

Fica Tudo Bemて、Googleで翻訳するとポルトガル語で【それはすべて良いです】って出てくるけど、沖縄でいう【なんくるないさ】みたいな意味なのかな。それともムッシュ的な【どうにかなるさ】かも知れない。

 

そうそう、この前一度ブログでも紹介した台湾の唐猫(Sugar Cat)の平凡日落という曲、台湾の友達に英語で訳してもらって、それを勝手に意訳して家で盛り上がってました。

 

(只是個平凡日落 我從沒將她看透)

いつもと同じ夕暮れ あのこのことが何もわからない
(一抹溫柔 拂過泛紅的天空 埋到山頭後)

あたたかくて柔らかい情念は バラ色の空に接吻をして 

それでも山の向こうに沈んでいく

(只是個平凡日落 我沒能將她挽留)

いつもと同じ夕暮れ あのこがもういないなんて

(一簇雲朵 掩過燦爛的面孔 藏進晚夜中)

たった一つの雲はかわいい顔を包んで それを夜に隠してさえしまうんだ

(星空點點地閃爍 似我漫天的困惑)

僕の戸惑いは空に輝く星空のように膨れ上がる
(牆上草叫我不要想太多 放輕鬆 隨著我 來婆娑)

大地の芝生はぼくにこう言う くよくよするなよ どうにかなるさ

そして、踊ってしおうと

(我將它從縫縫 連跟抽 然後丟入草叢)

僕は芝生をむしりとってそれを投げてしまった
(我回過頭 看四周 發現怎麼還有好多)

だけど顔をあげて周りを見回すと 

まだまだそこには芝生がたくさんあることに気づいたんだ

youtu.be

 

最近気づいたこと。

外側の文化や出来事に対して、無条件に保守的な態度をとる人は往往にして、知ることを面倒臭がってるんだなぁと。

 

つまり、お洒落じゃないんですよね。

よく知らない、知りもしようとしないのに否定する。

 

自由に、ロマンチックにいるには、やっぱり面倒くさがらずに学んで研究し続けないとだなって感じています。

Special Thanks

いい曲がたくさんあるThe Bandの中でも、

これは何だか特別に輝いてる。

 

そんな風になりたいです。

あいつよくわからないけど、何だか特別に輝いてるなって。

www.youtube.com

 

大学生の時、この曲を勝手に和訳して歌った。

 

まったく誰のためにもならなかったと思うけど、

あの時のバンドの心の中では、今でもたまにきらりと光ってると思う。

 

あの瞬間を肯定して生きていきたいし、

またそんなものを掴むために生活していきたい。

 

通り過ぎる夏。

信じるかどうかは気分次第

話がわからない人が君の身の回りにもしいれば、

それはロックが始まる準備ができてるってこと!

www.youtube.com

 

疲れや不経済に支配されない夏にしていきたいです。

 

ベースメントバー

土曜日のライブに向けて準備をしています。

 

シアターブルックTHE NEATBEATSを迎えてLove can move mountain!をやる。

 

その意味って何だろうって考えてます。

 

僕がシアターブルックを初めて知ったのは、

大学の学園祭で先輩が【何もないこの場所から】という曲を演奏したのを見た時でした。

 

佐藤タイジさんの声ではなく、ある学生の声でシアターブルックを知り、アルバムをディスクユニオンで買って、リキッドルームに友達と遊びに行きました。

 

その行動には、何の意味もなく、ただ純粋に、彼らの音楽に引っ張られたんだと思います。

 

だから土曜日、僕らは力を込めて演奏しますけど、やっぱり結局は楽しんで、自分を全部出し切って、何か新しい意味らしきものが自然に生まれるかどうか、見守りたいなと思ってます。

 

社会生活には意味が必要です。

経済活動には意味が不可欠です。

意味とどう付き合っていくかは、とても大きな要素です。

 

でもロック音楽には意味が必要ない。

意味があってもいいし、なくてもいい。

それが素敵だなと僕は思うし、そういう懸命さと寛容さが、何か息苦しい時間を変えていくところに魅了されてきました。

 

とにかく、頑張りたいと思うので、今週土曜日ぜひベースメントバーに足を運んでくれたら嬉しいです。

 

チケットはe+とLivepocketなどで売ってます。

http://toos.co.jp/basementbar/ev/love-can-move-mountain/

 

この前、ほうとうを食べに河口湖に行ってきました。たらふく美味しかったです。

f:id:rihwangdae:20180621002954j:image